最近のトラックバック

無料ブログはココログ

K:備忘記録

いわゆるメモ帳。あるいは温めるネタ。発酵するか腐敗するかは、自分次第・・・・。

2011年9月14日 (水)

自然は自然のままに・・・・

ワタクシ「国宝」「重要文化財」は好きだけど、「世界遺産」はあんまり興味がない・・・・。

「ダメ」って言われてもコンセプトを変えたり範囲をいじったりすれば通ることがあり。

「国が推薦した文化財」を対象としながら、「国宝」の認定を外れている金閣寺が世界遺産に選ばれていたり(まぁ「京都」で一括りですが)

一方で、多くの国宝が世界遺産に選ばれてなかったり、判定基準のいい加減さが目についてなりません。

言い方悪いですが、裏での工作如何なんじゃない?なんて、「オリンピック誘致合戦」なみの胡散臭さを感じてしまうのです・・・・。


なので、

「今まで自分、世界遺産ってどこ行ったっけ?」
「つーか、日本って16ヶ所も世界遺産があったんだ」

という感じでした。

世界遺産のほうに罪は無いのにな。

無教養でスミマセン・・・・。


そこで、その「16ヶ所ある」という日本の世界遺産を調べてみました。



1.知床
2.白神山地
3.平泉 仏国土を表す建築・庭園・遺跡群
4.日光の社寺
5.白川郷・五箇山の合掌造り集落
6.古都京都の文化財
7.古都奈良の文化財
8.法隆寺地域の仏教建造物
9.紀伊山地の霊場と参詣道
10.姫路城
11.石見銀山遺跡とその文化的景観
12.広島の平和記念碑(原爆ドーム)
13.厳島神社
14.屋久島
15.小笠原諸島
16.琉球王国のグスク及び関連遺跡群


この16ヶ所。

・・・・うん、「え、ここが!?」って思うところはないな・・・・。


で、自分が行ったことある場所は・・・・


4.日光の社寺
6.古都京都の文化財
7.古都奈良の文化財
8.法隆寺地域の仏教建造物
12.広島の平和記念碑(原爆ドーム)
16.琉球王国のグスク及び関連遺跡群


以上、6ヶ所。

約3分の1・・・・知らなかった割には、結構行ってる?(笑)

つーか、京都と奈良の「古都」ってくくりが広過ぎ(^^;


この中では、「古都奈良の文化財」がいちばん好きかも。

天平時代、白鳳時代の仏像や建築物は、なんとも魅力的w

まだ行けてない神社仏閣も多いので、いつかまたリトライしたい気持ちでいっぱいです。

(うーん、やっぱり「国宝」「重文」目線なんだなぁ・・・・)


まだ行ったことがない中で、一度は行ってみたい世界遺産は、

3.平泉 仏国土を表す建築・庭園・遺跡群
9.紀伊山地の霊場と参詣道
10.姫路城
13.厳島神社

この4つかな。

平泉と厳島神社は、特に行ってみたいですねw

来年の大河ドラマが清盛ですし、平泉は今年世界遺産になったばかり。

どっちも、とても混みそうですなぁ・・・・。



「日本の世界遺産で行ってみたいところランキング」では、屋久島が一番人気なんだそうですが、ワタクシは行きたいとは、あまり思わないです。

なんかね、人が押しかければ押しかけるほど、屋久島から屋久島らしさが失われていく気がするので。

自然は自然のままがいい。あまり知恵が付きすぎた者は、踏み込まない方がいいと思うんだけどなぁ。


(ふと思ったんですが、奈良の東大寺~春日大社の裏山にある原生林って、世界遺産になってないんだ?なんとなく、なっているような印象があったので・・・・・・・・意外です)

2011年8月30日 (火)

印籠の効果

先日、友人らと温泉に入りにいったんです。日帰りで。

そこの温泉には大出力のジャグジー湯船がありまして、1~3人が入れるくらいの、小さな円形をしておりました。


ぶくぶく泡が出ている小さな湯船に入っていると、まるで沸騰して煮え立っている鍋で茹でられているみたい。

入ってる人を指し示しては「あいつ、釜茹での刑に処せられてるみたいだ」と、ひそかに笑ったりしていました(←いつまでもガキだなぁ)


釜茹での刑といえば、石川五右衛門。豊臣秀吉の頃の盗賊。

ですが、ここでは“がんばれゴエモン”っていうゲームが、ファミコンから出ていたな・・・・というのが、思い出されまして。


そこで、ふと気が付いたド忘れが。


ゴエモンに「印籠」ってアイテムがあったけど、これってどんな効果のアイテムだったっけ??



いや、「ダンジョンでマップ画面を表示できる」って効果は、覚えてるんだけどね。

でも、それは隠し効果みたいなもので、フィールド上でも使える効果があったはずなんだ・・・・。

あれー、なんだっけー??


「駕籠屋に捕まらずに済むアイテムだったような?」

と、暫定的な答えを何となく捻出。
(駕籠屋に捕まると、スタート地点に強制的に戻された上にカネを取られる)

しかし、けっきょく断言できる正解は思い出せず、モヤモヤしたまま、その日を終えてしまいました(笑)



・・・・というのを、今日の昼休みに思い出しまして(やっちゃった)、モヤモヤしたまま午後の部を乗り切ってきたのでした(^^;






実際に調べてみた。

続きを読む "印籠の効果" »

2011年8月26日 (金)

ぎゃくしゅうのオレ!

今朝。

「昨日、やけにビッグスワン(←新潟スタジアムのこと)の周辺が混んでなかった?」という話から、野球の話に発展しました。

具体的には、「マウントからホームベースまでって、何メートルくらいだろう?」という疑問。


「マウントってなに?」

と聞いたら、「男爵らしい(笑)」とひとしきり笑われたり・・・・。

要するに「ピッチャーがボールを投げるところ」らしい。

つまり、この疑問は「ピッチャーからキャッチャーまでの距離」ってことです。

そう言えばいいじゃん。専門用語なんて使いやがって。


で、「20メートルくらいじゃないっすか?」と答えてみたら、


「いやいや、遠過ぎるでしょ(笑)」

「20メートルって、25メートルプールの5メートル手前でしょ?遠いよ(笑)」

「時速150キロだよ?そんな遠くから投げたら、もっとスピード落ちるでしょ(笑)」

と、また笑われたり・・・・。

「10メートルくらいじゃないの?」というのが、その場の回答でした。


いや・・・・・・・・?

確かに、ワタクシは野球の映像ってほとんど見たことないけど、それこそありえへんわ。

そんな短い距離じゃ、カーブも曲がらんよ(笑)


「じゃあ、間を取って15メートル」という暫定的答えに落ち着きました。

なんだよ、間を取ってって(笑)




実際に調べてみた。

続きを読む "ぎゃくしゅうのオレ!" »

2011年8月 1日 (月)

江アレルギーと再放送

今年の大河ドラマ「江 姫たちの戦国」、今週分まで欠かさずに見てきたんですが。

前々から面白さはあまり感じなかったけど、最近は拍車をかけてつまんない(-"-;

この7ヶ月間、ずっと大河ドラマ氏が行方不明になっております。いつ顔を出すんだろうかと待ち続けているんですがね。

もうね。警察に捜索願いを出してもいいレベルかと。



来年の大河ドラマは「平清盛」。

NHKの発表では、待賢門院(=藤原璋子@壇れい)、美福門院(=藤原得子@松雪泰子)がキャスティングされております。

ということは「祖父 vs 孫」「愛人 vs 愛人」の「それどこのエロゲだよ」っていうドロ沼を描く気があるみたい。

あの尊王派の総本山・水戸藩をして「あんな乱脈を繰り広げるから、徳を失って武家に政権を奪われたんだよ」といわしめた、あの愛憎劇を・・・・です。

これは、ヒジョーに楽しみ。NHKの挑戦に期待です(笑)


・・・・なのですが、どうもコレを読むと、一抹の不安を感じざるを得ません。

◆大河ドラマ「平清盛」第二次出演者発表
http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/pre/04/index.html

------------------------------------------------
貴族から武士の世へと変わる激動の時代は、女性たちに試練を与えると同時に、今と違う自分と出会えるチャンスを与えました。脚本家の藤本有紀さんは、ついこの前の出来事のように、彼女たちの生きざまを華やかに軽やかに描き出していきます。
------------------------------------------------

「彼女たちの生き様を描く」って、脚本家のセンスと技量と、何よりキャラへの愛情にかかっているんだなぁと、今年の大河でイヤというほど味あわされております。

「平清盛」の脚本を担当する藤本有紀サンは、朝ドラ「ちりとてちん」をやった方で、上方落語に精通しているそうなので、“歴史なんかには全く興味がないのを隠そうともしていない”田渕久美子サンよりはマシになる・・・・と、思いたい。

ただ、とっても気になってしまうのは、この一文。

------------------------------------------------
900年前の平安末期の女性たちの感性は、現代とかなり近いのかもしれません。
------------------------------------------------

「もう現代の価値観を歴史ドラマに持ち込むのはやめようぜ!」

って思ってしまうのは、もしかしたら“江アレルギー”なんでしょうか・・・・。

現代の価値観なんて、月9でいいじゃん。

木10でいいじゃん。

土9でいいじゃん。

朝ドラでいいじゃん。

できる枠いっぱいあるじゃん。

大河ドラマ枠でやらなくてもいいじゃん。


NHKや田渕サンは「現代の価値観を持ち込めば『歴史ドラマを見る』というハードルが下がる」と考えていたんだと推測します。

でも、実際に起こっているのは、「ハードルが下がる」に留まらず「歴史ドラマじゃなくなる」という、分かりきった結果です。

そりゃそうだわな。「歴史ドラマ」を現代の価値観で塗りつぶしたら、それはもはや「コスプレドラマ」なんだもん。

「仕事人」や「水戸黄門」みたいな派手な殺陣や斬新な演出があれば。
あるいは「龍馬伝」や「JIN」のようなスタッフの熱意があれば、話題はさらえるかもしれない。

けど、ロクに合戦シーンもなく、ボンクラどもの馴れ合い(ヒューマンドラマでさえない)ばっかり延々と見せられたら、そりゃあツマラン!になるわ。


まぁ、今年の大河ドラマで貫かれているのは「現代の価値観」じゃないんだけどね。

アッシーくんとかミツグくんとかが流行っていた頃の、「バブルの頃の価値観」だから。

勘違いや思い上がりやエゴで涜れまくり、酷くて、遅れている、イケてない価値観です(サイアクだ・・・・)


藤本有紀サンは、今年の大河ドラマを見ておられるんだろうか。

見てないのなら、是非とも見て欲しいです。

そして、反面教師にして来年の長丁場に挑んで欲しいと、切に切に願ってやまないのでした。



・・・・来年が期待できなくなったら、2年間大河ドラマが地盤沈下ってことになっちゃいます。

ワタクシ、「坂の上の雲」は1部も2部も見てないので、今年の年末も見ないと思うんですが。

さっき知った話で、再放送が今月からあるみたい。

◆坂の上の雲 再放送スケジュール
http://www9.nhk.or.jp/sakanoue/time/

「坂の上の雲」って、ワタクシの友達からの評判はいいんですよねぇ。

来年の大河ドラマにあやしい気配が聴こえ始めたし、「2年連続で大河ドラマが不作」に備えて、見ておこうかなぁ。

でもモックンが苦手なんだよ・・・・(←だから「おくりびと」も見てない)

2011年7月14日 (木)

ワカリヤスイ音楽

「1番お好きなクラシック音楽は何ですか?」


と、もしも誰かに聞かれたなら。

アナタなら何と答えますか。


ワタクシの場合は、

“ラヴェルの「ツィガーヌ」”

“リストの「ラ・カンパネラ」”

“ラフマニノフの「ピアノ協奏曲 第2番」”

“ブラームスの「ハンガリー舞曲 第5番」”

このあたりから気が向いたものをチョイスして「これよー」と答えます。


でも、これは表向き。

本当は、


“ショパンの「英雄ポロネーズ」”


これが1番好きです。
(気分にもよるんですが、少なくともベスト5の1つ)

明るくてハッキリした、鍵盤が踊るようなピアノ音楽。

ええ、子供が好きそうな、ワカリヤスイ曲が好きなんです。

所詮どこまでも果てしなくワカリヤスイ輩なんです(何)


でも、ワカリヤス過ぎてバカにされそうな気がするので(ワタクシが・・・・じゃなくて、この曲が)、あんまりコレで答えたくないなぁ・・・・っていうのが正直なところ。

警戒心が過ぎるのかもしれませんけど、「ワカリヤスイ音楽」って「そんなの初心者か子供が聞くもんでしょ?」みたいに、どこかバカにされがちなところがある(と思い込んでる)ので、ついつい用心してしまうんですねー。


もちろん、表向きの答えとはいえ、上記の曲も好きです。念のため。

つーか、「1番お好きなクラシック音楽は何ですか?」なんて、そうそう聞かれないけどな!

(でも2~3回あります。どこぞのマダムではないのでご安心を←?)

続きを読む "ワカリヤスイ音楽" »

2011年5月10日 (火)

2013年「大河ドラマ」予想 <妄想編>

こちら、<考察編>の続きです。

いわゆる「後編」。

というわけで、さっそく予想の続きをしてみたいと思います。

続きを読む "2013年「大河ドラマ」予想 <妄想編>" »

2013年「大河ドラマ」予想 <考察編>

昨日、昼休みに「2013年の大河ドラマが何になるか?」で盛り上がりました。

先日、友人らとの座談会でも話題沸騰だったので(?)、せっかくだからBlogでもやってみるw

盛り上がったのは昨日ですが、長過ぎて書ききれなかったので、本日アップとなりました。


というわけで、マーガリン男爵的「2013年大河ドラマ予想」

予言しておきますが、ぜーったいに当たりません。

(絶対に当たらないものを、2晩かけて書いてる自分って一体・・・・)


具体的に名前を挙げる前に、まずは21世紀になってからの大河ドラマをおさらい・分析して、的中しそうな条件を絞り込みます。


放送年『タイトル』―主人公/時代/舞台(出身地)/主役の性別
-----------------------------------------------------
2001年『北条時宗』――北条時宗/鎌倉/東(相模)/男
2002年『利家とまつ』―前田利家/戦国/東(尾張)/男女
2003年『武蔵』――――宮本武蔵/戦国/西(播磨)/男
2004年『新選組!』――近藤 勇/幕末/東(武蔵)/男
2005年『義経』――――源 義経/平安/西(山城)/男
2006年『功名が辻』――山内一豊/戦国/東(尾張)/男女
2007年『風林火山』――山本勘助/戦国/東(三河)/男
2008年『篤姫』―――天璋院篤姫/幕末/西(薩摩)/ 女
2009年『天地人』―――直江兼続/戦国/東(越後)/男
2010年『龍馬伝』―――坂本龍馬/幕末/西(土佐)/男
2011年『江』――――崇源院江姫/戦国/西(近江)/ 女
2012年『平清盛』―――平 清盛/平安/西(伊勢)/男
2013年『???』―――????/??/?????/?


「尾張は東日本か?西日本か?」は意見が割れるところですが、オレ基準で東日本とします。

あと、出身地が諸説ある人がいますが、気にせずに上記で進めます・・・・どうでもいいので(笑)


さて・・・・以上を要約して、2013年の大河ドラマの題材になる条件を予想すると。

続きを読む "2013年「大河ドラマ」予想 <考察編>" »

2011年3月 9日 (水)

JUDY AND MARY メドレー(DAM/年代別)

今日は誘われて、カラオケに行ってまいりました。

気の置けない2人カラオケということで、知ってるけど歌ったことがない歌を試したり、ゲームがどんなもんなのか試したり、メドレーの内容を見てきたり(笑)

で、前々から気になっていたJAMのメドレーの内容をメモってきたので、備忘記録しておきます。


ちなみに、カラオケはビッグエコー。機種はDAMです。
( )内はコード(って言うの?数字入力する時のアレ)


-----------------------------------

~2001~ (6552-62)

①「motto」
②「Brand New Wave Upper Ground」
③「あたしを見つけて」
④「Suger Corn Train」
⑤「ひとつだけ」
⑥「ラッキープール」
⑦「LOLLI POP」

-----------------------------------

~1996~ (5794-77)

①「The Great Escape」
②「BIRTHDAY」
③「ラブリーベイベー」
④「そばかす」
⑤「KISSの温度」
⑥「クラシック」
⑦「風に吹かれて」
⑧「くじら12号」

-----------------------------------

~1995~ (5794-76)

①「アネモネの恋」
②「KYOTO」
③「あなたは生きている」
④「ドキドキ」
⑤「ステレオ全開」
⑥「Oh Can not Angel」
⑦「プラチナ」
⑧「Over Drive」

-----------------------------------

~1994~ (5794-75)

①「どうしよう」
②「Hello Orange Sunshine」
③「RADIO」
④「Cheese Pizza」
⑤「小さな頃から」
⑥「クリスマス」
⑦「自転車」
⑧「ダイナマイト」

-----------------------------------

~1994ver2~(5794-75)

①「DAYDREAM」
②「Power Of Love」
③「BLUE TEARS」
④「BABY Q」
⑤「彼女の大切なもの」
⑥「LOLITA A GO GO」
⑦「MAKE UP ONE'S」
⑧「LOVE ME DO!」

-----------------------------------

年代別のほかにベストメドレーもあって、それも調べてきましたが、もう遅いので後日にアップします・・・・。

2011年3月 2日 (水)

忘れてたパターン

先日、mixiニュースで「今まで漫画を読んでいちばん泣いたのは?」とかなんとか、そんな感じのコラムがありまして。

その中に、「ドラゴンボール」の「ベジータが死んだ時」という回答があったのです。


ワタクシ、「ドラゴンボール」はセル編に入ったか入らないかあたりで見るのをやめたので、その先は一切知らず。

「えっ、ベジータ死ぬの?マジで?最終回あたり?誰に殺されるの?(←書かれていた理由が、殺されたっぽかった)」

と、軽くネタバレされた状態。

気になって、そのまま寝ました(寝たんかい)


で、後日になって思い出したので、wikipedia教授に聞いてみたんです。

その結果が、↓これだ。


ベジータ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%BF

----------------------------------
ナメック星編

(中略)

これによりさらに戦闘力を上げたベジータは、自ら「超サイヤ人」を称し、最終形態となったフリーザに戦いを挑むも、攻撃はまるで通用せず、渾身の力を込めて放った一撃でさえただの足蹴りではね返されてしまう。

(中略)

ここでベジータはフリーザに対して悟空こそがフリーザが恐れていた超サイヤ人であると言い放ち、勘気に触れたフリーザにより心臓を貫かれる。
死にゆく苦しみの中でベジータはサイヤ人の悲願である打倒・フリーザの願いを涙ながらに悟空に託し、死亡する。このベジータの最期は、それまで「自分は地球人である」と強く拘ってきた悟空をサイヤ人の誇りに目覚めさせるきっかけとなった。

(中略)

その後に地球のドラゴンボールで「フリーザ一味に殺された人々を生き返らせてほしい」と言う願いが叶えられたため、フリーザに殺されたベジータもほかのナメック星人とともに生き返る。
----------------------------------


ああ・・・・そうだった・・・・。

> ドラゴンボールで
> 生き返る。

このパターンがあるの、すっかり忘れてた(笑)


というわけで、ベジータが倒されたのは最終回近くどころか中盤あたりのナメック星編で、相手はフリーザ様でございました。

ナメック星編なら、漫画でもアニメでも、ばっちり見ているハズなんだけどなー。

ぜんぜん覚えてないわね・・・・。


というわけで、今日はこのコラムから。

好きなキャラの死を悲しむ女子中学生に“『NARUTO』全巻読んだ”精神科医がアドバイス
http://news.ameba.jp/20110302-110/


そういえば、「漫画で好きなキャラが死んで泣いた」って、ワタクシあまり覚えがないんですが、このベジータみたいに「生き返る」パターン(むしろ「実は死んでなかったパターン」・笑)の漫画ばっかり読んでいたのが、その主な原因かもしれませんな。

(あと、「無茶しても死なない」みたいな。『ついでにとんちんかん』とか・笑)


最近読んだ漫画では、『結界師』で好きなキャラが死んで、ショッキングだったことはありました。

志々尾限・・・・。

驚異的な自己回復の特殊能力を持つキャラだっただけに、肉弾戦の最中に死ぬのは、かなり意外。

情緒のないヤツだったのに、いつの間にか「心」に目覚めて、自分の死の意味を受け入れてしまった。そのために、還らぬ人に。

そして、(オカルトな世界観の漫画なので)どこかで生き返ってくると思っていたのに、原作者が「生き返りません」と明言。

期待やら憶測やらを色々と裏切られたという意味でも、ショッキングだったなぁ。


--------------------------------------------
ちょっと青臭いかもしれませんが、次のように考えてみては?イタチは自分の使命を果たし、弟への愛を貫いた。これは美しい自己犠牲の生き方である。いや、現実に自己を犠牲にする必要はない。若い時には「美しい生き方とは何か」をイメージできるだけで、素晴らしい体験だと思うのです。このイタチの思いをあなたの心の片隅に留とどめていくことができれば、イタチも本望でしょう(漫画の作者はもっと本望に違いありません)。それにイタチはストーリー上では死んでいても、ページをめくればいつでも会えるのです。
--------------------------------------------

このアドバイス、「イタチ」を「志々尾限」に代えても通用します。

このアドバイスって、少年漫画キャラが死ぬことで感動につなげるパターンを、よく表しているのかもしれないなぁ。

でも、ベジータには、あんまり当てはまらない・・・・かな。
「このパターンが使えない」のに、あれだけの人気を勝ち取った「ドラゴンボール」って、実はすごいのかも?


何にせよ、相談に回答するために、わざわざ全巻読み通したこの先生は、精神科医の鑑ですな。

2011年1月12日 (水)

謎文字のジャパンガイド

いきなりですが、問題です。


「米」といえば、アメリカのこと。

「英」といえば、イギリスのこと。

「仏」といえば、フランスのこと。

「西」といえば、スペインのこと。

「伊」といえば、イタリアのこと。

「墨」といえば、メキシコのこと。


では、


「泰」といえば・・・・?


これは、どこでしょう?



今日、仕事帰りにブックオフを探索したら、「泰日経済技術振興協会」という団体が出版している「日本のガイドブック」が105円で売られていたので、ゲットしてきました。

本を開いてみると、左のページに日本語で解説。右のページに、読文不能な謎の文字がビッシリ。見紛うことなく外国語です。

「“泰日”の“泰”って、どこかの異国だったのか!・・・・でも、泰ってどこ?」


しばらく文字を見つめてみましたが、脳内に文字が語りかけてくることはありませんで(そりゃそうだ)

見たイメージは、なんか「聖典に書かれてあったような気がする文字」っていう見覚え。

細かいけど、構成は案外シンプルそうな文字。くるっとなってる部分が多いです。


ヘブライ語?いや、ヘブライ文字って、もっとアルファベットっぽいし・・・・。

アラブ語?いや、アラブ文字って、もっと連なった形してるし・・・・。

つーか、どっちも右から左に書くから、右側に行末があるのはヘンだし・・・・。

ヒンドゥー語?いや、あっちの文字は、もっと梵字っぽいし・・・・。

ルーン語ではない。(←文字だけなら書ける人)


・・・・パスパ文字?

もしかしてパスパ文字?サキャ・パンディタの甥が作った文字?

チベット仏教の経典なんかに書いてある文字?


というわけで、ブックオフから帰る時、自分の中では「泰=チベット」となっていて、「やった、(一部の友人に)自慢できる!」と、わくわく気分でニッコニコ。

でも家に帰って調べてみたら、正解は「泰=タイ王国」でした(笑)

あー、なるほど。タイ語ね。聖典で見覚えがあるって、小乗仏教の経典ねー・・・・。


検索結果によると、タイ文字はアルファベットと同じく表音文字とのこと。

そう言われて見ると・・・・うん、「a(子音)」っぽい字があるね。でも、覚えるとしたら大変そう(^^;


で、内容なんですが、これがまた、めちゃめちゃ面白いw

日本人のワタクシでも知らなかったことや、改めて納得させられることや、ハッとさせられることが盛り沢山です。

いくつか抜粋して紹介すると・・・・。

続きを読む "謎文字のジャパンガイド" »

カテゴリー

  • A-0:連絡帳
    Blog主、マーガリン男爵からの連絡事項などです。あんまりない予定。
  • A-1:日常
    いわゆる日記。ワタクシ日々の出来事の記録が結構苦手なので、更新は少な目かも。
  • A-2:旅と見学
    日記の非日常バージョン(?)。旅行記や旅の思い出、観に行ったライブ・博物館・美術館・資料館などの感想です。
  • B-1:時事ニュース
    政治・経済・文化・教養・社会のニュースに、ずばりと斬りかかります(斬れるかどうかは別のお話)
  • B-2:芸能ニュース
    芸能界・テレビ番組関連のニュースを、ずばりと斬りかかります(やっぱり斬れるかどうかは別のお話)
  • C:男爵語録
    いわゆる「戯言」をまとめた日記。まぁ、ここに限らず全部戯言なんですが。
  • D-1:日本史
    「歴史好き」なワタクシにとって、メインのネタ。本人は真面目にやってますが、マジで受け取らない程度の態度でお願いします・・・・。
  • D-2:中国史
    歴史ネタの中国史です。もしかしたら、朝鮮やアジアも入るかも?
  • D-3:世界史
    歴史ネタの世界史です。興味あるのはアメリカ史ですが、ヨーロッパや中東も機会があればやってみたいです。
  • F-1:雑学
    ワタクシの趣味である雑学ネタ。歴史以外の・・・・ということになりましょうかね。
  • F-2:県民性
    趣味の歴史と旅から飛び火した、「県民性」について語ります。なんとなく海外にまで派生してます。
  • G-1:テレビ
    テレビの感想です。ドラマも見ますが、カルチャー系とバラエティが多いかも・・・・?
  • G-3:映画
    映画の感想です。時代劇が多いのは、地じゃあないですよ(笑)
  • H-1:コラム・ランキング
    主にmixiやgooランキングから引っ張ってきたネタ日記です。
  • H-2:テーマ日記
    ブログネタから題材を引っ張ってきたものです。
  • H-3:mixiチェックまとめ
    mixiの「チェック機能」でマークした記事と、それについてのコメントをまとめたものです。
  • I -1:大河ドラマ
    大河ドラマ関連の予想・期待、情報整理などです。
  • I -2:大河「江」感想
    歴史好きが描く、2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の感想です。辛口批評を前提にして書いているわけではありません。念のため(笑)
  • I -3:大河ドラマ「平清盛」感想
    歴史好きが描く、2012年の大河ドラマ「平清盛」の感想です。平安時代は得意ではないので、どこまで斬り込めるか注目です(?)
  • J-1:「平安時代をやろう!」
    ワタクシの苦手な平安時代を、一念発起して綴ってみます。何故か「百人一首」ネタになりつつあります・・・・。
  • J-2:「姫たちの戦国外伝」
    大河ドラマ「江」に触発されて(または立腹して)綴った、戦国時代に関する雑談語りです。
  • K:備忘記録
    いわゆるメモ帳。あるいは温めるネタ。発酵するか腐敗するかは、自分次第・・・・。
  • L-1:バトン
    もらったり拾ったりしたバトンです。一種の自己紹介ですな。トラックバックも抜いていくのもウェルカム。
  • L-2:占い・性格診断
    Web上の占い・性格診断の結果です。一種の自己紹介であるとして公開します。
  • L-3:心理テスト
    それいけココロジー(何)
  • M-3:アニソン
    ワタクシの魂魄(たましい)、アニソンの歌詞です。