最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 嗅覚と感性 | トップページ | そんな時代もあったねと »

2011年1月27日 (木)

大人っぽさと女性キャラ

今日は、こちらのコラムから・・・・とネタを引っ張りつつ、話は違うところをやります。

過激すぎる海外のティーンドラマ、大人っぽさの秘密とは
http://www.hollywood-ch.com/news/11012518.html


コラムはティーンドラマですけど、見たことがないので話を変えるしかありません(笑)


海外ドラマは「CSI:」と「コールドケース」の、ブラッカイマー作品しか見てないです。

で、日本のドラマとは違って「大人っぽい」なと思います。

というか、日本のドラマが、なんか「ガキっぽい」んです。

なんでだろう?


最初に思ったのは、「日本のドラマって漫画っぽいからかな?」というものでした。

で、本当に漫画っぽい感じがするのか、するとしたら何が原因なのかを知るために、何本かドラマを見て、「CSI:」の印象とどこが違うのかを比較検証してみました。

その分析結果(ってほど大層なものでもないけど)は、以下の4点。


①コミカルなシーンの表情や仕草が自然体とはほど遠い。
②独り言が多い。
③気の利いた台詞がない。
④ガチャガチャした女キャラが(ほぼ必ず)登場する。


「①コミカルなシーンの表情や仕草が自然体とはほど遠い」は、そんな表情しねーよ、ってのが多かったです。

アクシデントでは目を見開き、驚いたら手がジョジョポーズになり、メガネキャラはメガネを上げる(笑)

漫画みたいなオーバーアクション、そしてテンプレに従ったかのような仕草。

まぁ、これは同じ日本人ゆえに、そう思うのかも。
「CSI:」だって、アメリカ人が見たら「そんな表情しねーよ」って思うのかもしれないしね。


「②独り言が多い」は、「漫画っぽいかどうか」という目で見ていたから、気がついたのかも。

よく、漫画で「思っていること」を、吹き出しで表すじゃないですか。
あれを喋っているように見えるな、と思いました。

ちなみに「CSI:」は、1人の時は何も喋らないし(バックでアメリカンなBGMがかかってることが多い)、むしろ単独行動が少なめです。

チームを意識した作りになっているから、気の利いた会話が飛び出せるんでしょうかね。


「③気の利いた台詞がない」は、現代のエッセイみたいな、うすっぺらい言葉が出ればいいほうで、ヘタすると気の利いた言葉のひとつも出ません。

日本がジョークを好む文化ではなかったのが、大きいんでしょうかね。

「レギュラー同士で気の利いた台詞のやりとりがない」代わりに、日本のドラマは「レギュラーキャラ同士の衝突が多い」という感じがします。

チーム的な対立から、性格的な行為、個人的嫌悪まで事情は様々ですが、喧嘩腰な態度や、一見すると他人をバカにしているような態度を見ないドラマは、ほとんどない・・・・かも。

まぁ、それが違和感を楽しむような話(「相棒」で特命係が伊丹刑事の警護をやるとか)を作る、いいスパイスになったりもするんですが、しょっちゅう衝突するのは、いかにもガキっぽいです(笑)


④は、「ガチャガチャした女キャラ」が出てくると途端に漫画っぽくなるなと、とても思いました。

これは、近年の大河ドラマにも言えることですね。

ドジっ子、天然チャン、男勝りの熱血漢、フェミっ気いっぱいのイケイケガール、バリバリキャリアウーマン・・・・。

ドラマはガチャガチャした女性キャラの総合商社やー。
嫌いじゃないけど、ドラマとしてどうなんだろうか・・・・。

そんなの現実にいるか?と唸ってしまいます。現実にいなさそう=漫画(理想)の登場人物っぽいって、なってしまうのかなー。

まぁ、最近は漫画が原作のドラマが多いらしく、ワタクシが見たのもその手なのかもしれませんから、「漫画みたいなキャラが多い」ってのは順序が逆、ということかもしれませんけども。

あと、男性キャラの女性キャラに対する扱いも、なんか月並みなパターンが多いですよね。グリッソムやホレイショやマックやスティルマンのような、紳士的(優男に非ず)キャラが出て欲しいものですが・・・・。


で、この④こそが、「日本のドラマはガキっぽい」の、一番の原因ではないかと、暫定的な結論を出しているんですけど、どうでしょうかねー。


ただ、ワタクシ最近になって「相棒」も見始めたんですが、これは、あんまり漫画っぽくないな、という感じがしました。

で、なんでかなー?と考えてみると、たぶん「④の要素がない」のではないかと。

まぁ、④がないどころか、右京サンの周囲を見渡しても、女性キャラらしき姿は、ほぼないわけですが(笑)

むかしのシーズンでは、相棒の奥サンがその手のキャラでしたが、相棒が変わってからは登場していないモヨウ。

右京サンの元奥サンは、ガチャガチャした女キャラではないどころか、女キャラと言えるかどうかも微妙。主人公の母親的存在です(元奥サンだと知った時は、驚きました)

女性キャラがほとんどいない。
だからなのか、なんとなく大人っぽい気がします。「相棒」って。

多分このあたりが、「相棒」が女性に人気がある秘密なのではなかろうかと、ここ数回を見てみて思いました。

(女性の影がないってことは、や○い・・・・いや、なんでもないです・何)


しかし、色気がないって、「相棒」は思い切った作り方してるよなぁ。



なお、「日本のドラマはガキっぽいから嫌い」と言うつもりではないので、そこは含んでくださるようお願いします。念のため補足w

でも、スタイリッシュでクールなドラマが作られるといいなーと、ワタクシは思いますね。

« 嗅覚と感性 | トップページ | そんな時代もあったねと »

C:男爵語録」カテゴリの記事

G-1:テレビ」カテゴリの記事

H-1:コラム・ランキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1458188/38664595

この記事へのトラックバック一覧です: 大人っぽさと女性キャラ:

« 嗅覚と感性 | トップページ | そんな時代もあったねと »

カテゴリー

  • A-0:連絡帳
    Blog主、マーガリン男爵からの連絡事項などです。あんまりない予定。
  • A-1:日常
    いわゆる日記。ワタクシ日々の出来事の記録が結構苦手なので、更新は少な目かも。
  • A-2:旅と見学
    日記の非日常バージョン(?)。旅行記や旅の思い出、観に行ったライブ・博物館・美術館・資料館などの感想です。
  • B-1:時事ニュース
    政治・経済・文化・教養・社会のニュースに、ずばりと斬りかかります(斬れるかどうかは別のお話)
  • B-2:芸能ニュース
    芸能界・テレビ番組関連のニュースを、ずばりと斬りかかります(やっぱり斬れるかどうかは別のお話)
  • C:男爵語録
    いわゆる「戯言」をまとめた日記。まぁ、ここに限らず全部戯言なんですが。
  • D-1:日本史
    「歴史好き」なワタクシにとって、メインのネタ。本人は真面目にやってますが、マジで受け取らない程度の態度でお願いします・・・・。
  • D-2:中国史
    歴史ネタの中国史です。もしかしたら、朝鮮やアジアも入るかも?
  • D-3:世界史
    歴史ネタの世界史です。興味あるのはアメリカ史ですが、ヨーロッパや中東も機会があればやってみたいです。
  • F-1:雑学
    ワタクシの趣味である雑学ネタ。歴史以外の・・・・ということになりましょうかね。
  • F-2:県民性
    趣味の歴史と旅から飛び火した、「県民性」について語ります。なんとなく海外にまで派生してます。
  • G-1:テレビ
    テレビの感想です。ドラマも見ますが、カルチャー系とバラエティが多いかも・・・・?
  • G-3:映画
    映画の感想です。時代劇が多いのは、地じゃあないですよ(笑)
  • H-1:コラム・ランキング
    主にmixiやgooランキングから引っ張ってきたネタ日記です。
  • H-2:テーマ日記
    ブログネタから題材を引っ張ってきたものです。
  • H-3:mixiチェックまとめ
    mixiの「チェック機能」でマークした記事と、それについてのコメントをまとめたものです。
  • I -1:大河ドラマ
    大河ドラマ関連の予想・期待、情報整理などです。
  • I -2:大河「江」感想
    歴史好きが描く、2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の感想です。辛口批評を前提にして書いているわけではありません。念のため(笑)
  • I -3:大河ドラマ「平清盛」感想
    歴史好きが描く、2012年の大河ドラマ「平清盛」の感想です。平安時代は得意ではないので、どこまで斬り込めるか注目です(?)
  • J-1:「平安時代をやろう!」
    ワタクシの苦手な平安時代を、一念発起して綴ってみます。何故か「百人一首」ネタになりつつあります・・・・。
  • J-2:「姫たちの戦国外伝」
    大河ドラマ「江」に触発されて(または立腹して)綴った、戦国時代に関する雑談語りです。
  • K:備忘記録
    いわゆるメモ帳。あるいは温めるネタ。発酵するか腐敗するかは、自分次第・・・・。
  • L-1:バトン
    もらったり拾ったりしたバトンです。一種の自己紹介ですな。トラックバックも抜いていくのもウェルカム。
  • L-2:占い・性格診断
    Web上の占い・性格診断の結果です。一種の自己紹介であるとして公開します。
  • L-3:心理テスト
    それいけココロジー(何)
  • M-3:アニソン
    ワタクシの魂魄(たましい)、アニソンの歌詞です。