最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 信孝の無念と秀吉マジック | トップページ | 強さの証 »

2011年4月 4日 (月)

思いやりぶりっ子

「思い」は見えないけれど

「思いやり」は誰にでも見える



昨今、放送局の事情で大量放送され、とばっちりを受けているACのCM「見える気持ち」編のフレーズの一部。

これは、詩人「宮澤章二」サンの「行為の意味」という詩集から引用されたものです。


ちなみに、この宮澤サンって詩人は、「ジングルベル」の(1番の)作詞者なんだそうな。

「ジングルベール、ジングルベール、鈴がー鳴るー」の、あの歌ですな。

ワタクシ、古典的クリスマスソングでは「ジングルベル」が一番好きなので、これを知った時は大変驚いたと同時に、このCMのフレーズが深く刻まれたのでした。
(震災直後のことだったので、明るい気持ちにはなれなかったけど)


・・・・と、いきなり話が横道にそれましたが。


この詩の意味は、


“思い”を抱いていても、他人には見えない。

でも“思いやり”という行動に移せば、他人にも見えるようになる。

みんな、行動しよう!


というあたりなんだと思う。

まさに、その通り。

思ってるだけでは、その人に届かないのは、恋心とおなじ。

詩集のタイトル(「行為の意味」)、CMのテーマ(「見える気持ち」編)に如実に現れています。


ただし「他人に見えるようになる」のは、いいことばかりではないとも言えます。

「思い」ではダメだと「思いやり」をしてみせれば、確かに相手のためになることもある。

けれども、それが“無意味”でしかなかったり、ひどいと“迷惑”になってしまうこともあり、それが白日のもとに晒されることにもなるわけです。


“無意味”で“迷惑”とは、例えば、

中古品(ヘタすりゃ廃棄寸前)の毛布や衣類を「救援物資」と称して送りつける。

情報も覚悟もないまま、ロクな用意もせずに身ひとつで、被災地にボランティアとして乗り込む。

ライフラインも食料の補給線も断絶した極限状態の被災地に「千羽鶴」を贈る。

・・・・などなど。


そして、「むやみやたらに“自粛”する」も、ここに挙げられるものなのではなかろうか。


「自粛なんて意味ないのは分かってるけど、そんな気分じゃないから」という、至極真っ当な理由で、自粛しておられる方が多いとは思います。

それなら、それでいい。
無理して騒いだり消費したりしても、つらいだけですからね。


でも、これがもし、

「日本人として同胞を心配するのは当然。むしろ同情しない方がおかしい」と「正論」で語られ、

「感謝されることこそあれ、批判される覚えはない」なんていう「正義」で行われ、

それが「善意」や「思いやり」で正当化されるとするならば、“無意味”で“迷惑”な、本末転倒なことだと思うのです。


被災地の人たちは、確かに悲惨で、凄惨な、ひどくつらい目に遭いました。

でも、だからって被災してない人に「同じ日本人なら、同じ苦しみを味わえ!お前らだけシアワセに生きるな!」とまでは要求していないはずです。

(自分や友人・家族のことで手一杯で、赤の他人のことを羨む余裕も気力もないと思う)

被害を受けてない人たちに何かを自粛されても、物資が届くわけでもないし、亡くなった大切な人が還ってくるわけでもありません。

むしろ、「自分たちのせいで、日本全体が暗くなっている」と、かえって悲しい思いに沈んでしまうのではなかろうか。


人は、時には同情・共感しあって、団結せねばならないこともある。

けれど、人生は人それぞれ。

誰にだって、嬉しいことがあれば悲しいことがあるし、楽しいことがあればつらいことだってあります。

今回は、悲しいこと、つらいことが、一度に東北や関東の太平洋沖の人々に降りかかっただけ。

この不幸がずっと続くわけではないし、いまシアワセ絶頂の人が、明日も幸福である保障は、どこにもないのです。


いま喜びたい人は、いま喜べばいい。

いま祝いたい人は、いま祝えばいい。

そして、日常のふとした瞬間に、被災地の人たちを“思い”、時には“思いやり”をやればいい。


「被災者ざまぁ見ろwwwww」とか言いながら花見・酒盛りでもするなら言語道断(笑)

だけど、“無意味”で“迷惑”な「自粛」を「思いやり」のつもりでやって、それで満足するなんていうのは、単に「他人から“いい人”に見られたい(あるいは“悪い人”に見られたくない)」だけの擬態、「思いやりぶりっ子」に過ぎないと、自粛ムードがのしかかる日本全国の気分を見て、思ってしまうのでした。

まして、「自粛すべき」なんて正論で、他人の楽しみや仕事までをも奪うなんてのは、やってる方の人格を疑ってしまいます。

こういうのを「偽善」じゃなくて「独善」って言うんだよ。

為善は胸を打つ、偽善は鼻につく、独善は目に余る・・・・だ。



・・・・実は、大震災から2週間、なんだか被災者が心配で&原発が不安で、何かを楽しもうと言う気分になれない、自分の柄じゃない精神状態になっている時間が多くて。

これじゃあ、いかんなと。

暦も4月になったところで、「無意味な自粛はしません宣言」をして気持ちを切り替えていきたいと、そんな動機で綴った日記なのでした(笑)


なんか、区切りとしてぱっとしたことをやっておきたいなぁ。

うーん・・・・。

1人カラオケ・・・・・・・・とか?

« 信孝の無念と秀吉マジック | トップページ | 強さの証 »

C:男爵語録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1458188/39490212

この記事へのトラックバック一覧です: 思いやりぶりっ子:

« 信孝の無念と秀吉マジック | トップページ | 強さの証 »

カテゴリー

  • A-0:連絡帳
    Blog主、マーガリン男爵からの連絡事項などです。あんまりない予定。
  • A-1:日常
    いわゆる日記。ワタクシ日々の出来事の記録が結構苦手なので、更新は少な目かも。
  • A-2:旅と見学
    日記の非日常バージョン(?)。旅行記や旅の思い出、観に行ったライブ・博物館・美術館・資料館などの感想です。
  • B-1:時事ニュース
    政治・経済・文化・教養・社会のニュースに、ずばりと斬りかかります(斬れるかどうかは別のお話)
  • B-2:芸能ニュース
    芸能界・テレビ番組関連のニュースを、ずばりと斬りかかります(やっぱり斬れるかどうかは別のお話)
  • C:男爵語録
    いわゆる「戯言」をまとめた日記。まぁ、ここに限らず全部戯言なんですが。
  • D-1:日本史
    「歴史好き」なワタクシにとって、メインのネタ。本人は真面目にやってますが、マジで受け取らない程度の態度でお願いします・・・・。
  • D-2:中国史
    歴史ネタの中国史です。もしかしたら、朝鮮やアジアも入るかも?
  • D-3:世界史
    歴史ネタの世界史です。興味あるのはアメリカ史ですが、ヨーロッパや中東も機会があればやってみたいです。
  • F-1:雑学
    ワタクシの趣味である雑学ネタ。歴史以外の・・・・ということになりましょうかね。
  • F-2:県民性
    趣味の歴史と旅から飛び火した、「県民性」について語ります。なんとなく海外にまで派生してます。
  • G-1:テレビ
    テレビの感想です。ドラマも見ますが、カルチャー系とバラエティが多いかも・・・・?
  • G-3:映画
    映画の感想です。時代劇が多いのは、地じゃあないですよ(笑)
  • H-1:コラム・ランキング
    主にmixiやgooランキングから引っ張ってきたネタ日記です。
  • H-2:テーマ日記
    ブログネタから題材を引っ張ってきたものです。
  • H-3:mixiチェックまとめ
    mixiの「チェック機能」でマークした記事と、それについてのコメントをまとめたものです。
  • I -1:大河ドラマ
    大河ドラマ関連の予想・期待、情報整理などです。
  • I -2:大河「江」感想
    歴史好きが描く、2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の感想です。辛口批評を前提にして書いているわけではありません。念のため(笑)
  • I -3:大河ドラマ「平清盛」感想
    歴史好きが描く、2012年の大河ドラマ「平清盛」の感想です。平安時代は得意ではないので、どこまで斬り込めるか注目です(?)
  • J-1:「平安時代をやろう!」
    ワタクシの苦手な平安時代を、一念発起して綴ってみます。何故か「百人一首」ネタになりつつあります・・・・。
  • J-2:「姫たちの戦国外伝」
    大河ドラマ「江」に触発されて(または立腹して)綴った、戦国時代に関する雑談語りです。
  • K:備忘記録
    いわゆるメモ帳。あるいは温めるネタ。発酵するか腐敗するかは、自分次第・・・・。
  • L-1:バトン
    もらったり拾ったりしたバトンです。一種の自己紹介ですな。トラックバックも抜いていくのもウェルカム。
  • L-2:占い・性格診断
    Web上の占い・性格診断の結果です。一種の自己紹介であるとして公開します。
  • L-3:心理テスト
    それいけココロジー(何)
  • M-3:アニソン
    ワタクシの魂魄(たましい)、アニソンの歌詞です。