最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 恋の大安売り | トップページ | たかつぐんちの話 »

2011年5月20日 (金)

ずうずうしきフレネミー

今日は、こちらのコラムから。

「フレンドリーな人」がちょっと苦手な人たち
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1608158&media_id=58


「フレンドリー」って、他人同士の距離感のことだからねぇ。

同じ距離でも、態度次第では・・・・ってこともあります。

「ひとなつこい」「なれなれしい」なら、まだOK。

だけど、これが「ずうずうしい」になると、もうノーサンキュー。

つーか、「ずうずうしい」のを「フレンドリー」って呼ぶのは、何か違う気がします。

なんか「ずうずうしい人」の言い訳っぽいような・・・・。


で、ふと考える。

この「ずうずうしい」を煩わしく思う気持ちって、何だろう?



今まで「友達」とか「コミュニケーション」とかについて、色々と駄文を書いてきました。

そして、それ系の話題で、ここ数年、ちと気になっている言葉があります。


それは、「フレネミー(Frenemy)」というもの。


「フレネミー」とは、たぶんアメリカ発祥の言葉。

海外ドラマが好きで見ておられる方には、知られているかもしれない。

「フレンド(Friend=友達)」+「エネミー(Enemy=敵)」の合成語でして、「友達のフリをした敵」という意味です。


「友達のフリをした敵」って、ショッキングな言葉ですが、でも定義や症例を挙げると、「思い当たる友達がいる」という人は多いのではなかろうか。


その人と付き合っていると、作り笑いしていることが多い。妙な疲れを感じる。

その人に自分のことを話す時、「これ誰かにネタとして喋られるんだろうな~」という確信がある(ゆえに、あんまり自分のことを話したくない)

関係を持つと損をしたような気分になる、不愉快な気分になると感じさせられる。

表面上は仲がいいんだけど、本当に友達なんだろうか?と疑問が脳裏を過ぎる。

そんな友達、身近にいません?

ワタクシは「ああ、いたかも・・・・」と、しっくり来てしまったのでした。


で、ワタクシもそんなに詳しくないので、独自解釈を雑じえつつですよーとお断りして、「フレネミー」について紹介・解説してみると。

「友達のフリをした敵」が、敵になる理由は「ジェラシー(嫉妬・競争心)」。友達になる理由は「打算」にあります。

「付き合ってるといいことありそう・利用できそう」という打算から友達を続け、ジェラシーから、こちらを陥れよう・従属させようと画策します。

だから、表面上はあくまでフレンドリー。
だけど、打算が働くから、ずうずうしくこちらの領域に踏み込んできます。

そこには、いわゆる「ライバル」のような爽やかな関係はありません。

自分に有利になりそうなことは広く流布させるのに、こちらに有利になりそうなことは、あまり広めない。

こちらの悪口を、それとなく広めていく。

「その服はアナタだから着こなせるんだよ。ワタシが着たら恥ずかしくて外歩けない」のように、ほめ言葉のように感じさせながら、実質的にはバカにした評価を下す。

こんなふうに、いわゆる「イヤなヤツ」なので、付き合えば付き合うほど損をしていく気分になり、妙に疲れ、不愉快で、なんとなく我慢して付き合っているような気がしてしまうわけです。


そんな「フレネミー」対策は、まずはその存在に気がつくことが大事。

で、「あの人がフレネミーかどうか」を、チェックする項目があります。


01:休みの日、誰と何をしていたか、聞いてくる。
02:とにかく他人の噂話が好き。
03:会話にウソが多い。
04:悪口を言っていたはずの人と、友人のように会話をしている。
05:些細なことでも、すぐ人をうらやましがる。
06:第三者を立てて、悪口を言う。
07:表面上は穏やかそうだが、感情の起伏が結構激しい。
08:自分に有利な話を、大きく話す。
09:友達に不利な話を、あえて広める。
10:服装やメイクが派手め。
11:会ったばかりの相手を、すぐ親友扱いする。
12:「あんな人とは付き合わないほうがいいよ」が口癖。
13:他人の服装や所持品を、黙って真似する。
14:マイミクやfacebookの登録人数が多い。
15:こっちが失恋・失敗をしていると、異常にテンションがあがる。
16:ほめ言葉に混ぜて、さりげなく悪口を差し込む。
17:ちょっとしたお礼のメールやお返しが、おろそかになりがち。

8個以上チェックが入ったら、要注意。

この他に、「そんなに親しくないのに、こっちのことを根掘り葉掘り聞いてくる。そのくせ、自分のことはほとんど話さない秘密主義」だったら、「もしかしたら」というポイントになりえます。

「フレネミー」と「フレンド」の違いは、この情報開示の度合いにあります。

この「自分のことは教えないくせに、こっちのことは執拗に聞いてくる」のが、「妙に疲れる」「損した気分になる」「不愉快」の正体であり、それが「ずうずうしいを煩わしく思う気持ち」の引き金かな・・・・なんて、思ったりしました。

ちなみに、ワタクシも割りと自分のことは喋らないタチなので、フレネミーの素質はあるかも・・・と思ってます(笑)
(まぁ、相手のことも詮索しないので、その点でセーフかもしれないけど)


そんなに親しくないのに、ずかずかとこっちの領域に踏み込んでくる詮索好きな人、噂話が好きな人とは、できるだけ関わらないに限る。

こういう「ずうずうしい」態度で来るのは「フレンドリー」ではなく「フレネミー」なんだと理解して、人間関係をうまく築くのが、たとえエゴだとしても、良策なのではなかろうかと、そんな気がしたのでした。



ところで、そんな「フレネミー」なら、「付き合うのをやめればいいじゃん。なんで付き合い続けるの?」という疑問が浮かびます。

そこは、なんとなく「現代の風潮の落とし穴」なのかな・・・・という気が、ワタクシはしています。

つまり「ひとりは寂しいものだ」「ひとりは孤独なものだ」という決め付け、ワタクシ的言葉に直せば「人付き合い重視主義」です。

ここから「友達は多いほうがいい」となり、「フレンドリーな人を拒むのは、人としてあってはならない」という、理の通らない押し付けになるのではなかろうか。

人としてあってはならないから、自分を責めて、自分を変えようとする。

頑張って人付き合い重視するための「自分磨き」って、やっぱり現代病ですな・・・・。


まぁ、一番肝心なのは、自分が「フレネミー」にならないよう、気をつけることかもしれません。

友達に大して嫉妬や競争心が首をもたげ、
友達の「質」より「量」が重視され、
「こっちはフレンドリーに接してるのに、なんだアイツの態度は」
と気になりだしたら、注意が必要。

「フレネミー」にならないよう、ご用心ご用心。


・・・・と、以上かなり駆け足で触れてみましたが、伝わるかな?(笑)

« 恋の大安売り | トップページ | たかつぐんちの話 »

C:男爵語録」カテゴリの記事

H-1:コラム・ランキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1458188/40121540

この記事へのトラックバック一覧です: ずうずうしきフレネミー:

« 恋の大安売り | トップページ | たかつぐんちの話 »

カテゴリー

  • A-0:連絡帳
    Blog主、マーガリン男爵からの連絡事項などです。あんまりない予定。
  • A-1:日常
    いわゆる日記。ワタクシ日々の出来事の記録が結構苦手なので、更新は少な目かも。
  • A-2:旅と見学
    日記の非日常バージョン(?)。旅行記や旅の思い出、観に行ったライブ・博物館・美術館・資料館などの感想です。
  • B-1:時事ニュース
    政治・経済・文化・教養・社会のニュースに、ずばりと斬りかかります(斬れるかどうかは別のお話)
  • B-2:芸能ニュース
    芸能界・テレビ番組関連のニュースを、ずばりと斬りかかります(やっぱり斬れるかどうかは別のお話)
  • C:男爵語録
    いわゆる「戯言」をまとめた日記。まぁ、ここに限らず全部戯言なんですが。
  • D-1:日本史
    「歴史好き」なワタクシにとって、メインのネタ。本人は真面目にやってますが、マジで受け取らない程度の態度でお願いします・・・・。
  • D-2:中国史
    歴史ネタの中国史です。もしかしたら、朝鮮やアジアも入るかも?
  • D-3:世界史
    歴史ネタの世界史です。興味あるのはアメリカ史ですが、ヨーロッパや中東も機会があればやってみたいです。
  • F-1:雑学
    ワタクシの趣味である雑学ネタ。歴史以外の・・・・ということになりましょうかね。
  • F-2:県民性
    趣味の歴史と旅から飛び火した、「県民性」について語ります。なんとなく海外にまで派生してます。
  • G-1:テレビ
    テレビの感想です。ドラマも見ますが、カルチャー系とバラエティが多いかも・・・・?
  • G-3:映画
    映画の感想です。時代劇が多いのは、地じゃあないですよ(笑)
  • H-1:コラム・ランキング
    主にmixiやgooランキングから引っ張ってきたネタ日記です。
  • H-2:テーマ日記
    ブログネタから題材を引っ張ってきたものです。
  • H-3:mixiチェックまとめ
    mixiの「チェック機能」でマークした記事と、それについてのコメントをまとめたものです。
  • I -1:大河ドラマ
    大河ドラマ関連の予想・期待、情報整理などです。
  • I -2:大河「江」感想
    歴史好きが描く、2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の感想です。辛口批評を前提にして書いているわけではありません。念のため(笑)
  • I -3:大河ドラマ「平清盛」感想
    歴史好きが描く、2012年の大河ドラマ「平清盛」の感想です。平安時代は得意ではないので、どこまで斬り込めるか注目です(?)
  • J-1:「平安時代をやろう!」
    ワタクシの苦手な平安時代を、一念発起して綴ってみます。何故か「百人一首」ネタになりつつあります・・・・。
  • J-2:「姫たちの戦国外伝」
    大河ドラマ「江」に触発されて(または立腹して)綴った、戦国時代に関する雑談語りです。
  • K:備忘記録
    いわゆるメモ帳。あるいは温めるネタ。発酵するか腐敗するかは、自分次第・・・・。
  • L-1:バトン
    もらったり拾ったりしたバトンです。一種の自己紹介ですな。トラックバックも抜いていくのもウェルカム。
  • L-2:占い・性格診断
    Web上の占い・性格診断の結果です。一種の自己紹介であるとして公開します。
  • L-3:心理テスト
    それいけココロジー(何)
  • M-3:アニソン
    ワタクシの魂魄(たましい)、アニソンの歌詞です。