最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 一億人の娼婦・菩薩の如き女 | トップページ | ああ涙の球児の季節で・・・・ »

2011年8月 9日 (火)

仮面夫婦と三重苦

大河ドラマ・江、見てます。


○先週:第29話「最悪の夫」

秀吉にムリヤリ嫁がされるのがイヤな江。

そこに家康が直々に訪ねてきて、「徳川家の嫁になってくださらんか」と懇願。

江は徳川秀忠の元に、3度目の嫁入りとなります(なんで気が変わったのかは、ワタクシには謎)

しかし、娘・完子と引き離されることに・・・・。

そこまで苦悩して決意したのに、秀忠からは素直に歓迎されません。

「『夫婦になってください』と先に言ったら負け」ゲームをふっかけられ、散々な視聴者・・・・もとい、江なのでした。


○今週:第30話「愛しき人よ」

徳川家に嫁いだ江。秀忠との関係は、一向に進みません。

家庭内別居状態に、最愛の前夫・秀勝の遺品を眺め暮らす毎日。

そんな最中、使用人のポカで屋敷が火災に見舞われます。

そこで、秀忠が身の危険も顧みず、秀勝の遺品を取りに、炎の中へ身を投じるのでした。


・・・・というストーリー。



すごいね。

「内容が激安」と毎週言わせ続け、しかもその安値を、回を重ねるごとに更新していきます。

アレでまだゼロじゃなかったんだ!と驚きを隠せません。



先週は、ある意味レアシーンがありました。

まさか、徳川家康から江へのプロポーズが見れるなんて!(笑)


家康が「嫁に来ないか」と江にお願いした台詞は、

「秀忠がイヤだったら、徳川家に嫁ぐと思ってくれないか」
「貴女は宝を持っているような気がする。その宝を徳川家にくださらんか」


さらっと流してしまえばよかったんでしょうけど、「家康がプロポーズ!だがしかし、台詞が意味不明だ!」と、ツッコミを入れずにはいられなかった。

後に「家康が次男・忠長を叱責し(江が溺愛していた)、長男・家光(江が嫌っていた)を三代将軍に指名する」というシーンへの伏線になるのなら、意味を見出せなくもないかなと思えるけれども。

「意味不明の台詞」
「感情的に共感できない」
「脚本家の趣味が気持ち悪い」
この三重苦は、今年いっぱいワタクシを苦しみ続けるんでしょうね・・・・。


娘の完子と引き離される話は、江が「会わずに別れる」と決意した展開に大いに疑問。

ここ、視聴者の泣きを誘うにもってこいのだし、あるいは「豊臣家のことを娘に託す」という方向にも演出できる、何をやらせても重大な意味が持たせられるシーンでしょ。

どこをどう考えたら、こんな薄っぺらくてOKって納得できるの?

・・・・本当にこの脚本家は小説家なの??


あとは・・・・秀忠との初夜は、どうでもいいです。


今週は「家庭内別居」と「セックスレス」です。しかも1年近く(ナレーションで言ってた)

先々週に「育児放棄」をやって、今度は「仮面夫婦」ですか。

現代の価値観だけでなく、現代の社会問題をも大河ドラマに持ち込むという挑戦作。

この冷え切った状態は、「家が大火事になった」という大事件を機に修正されていくんですが・・・・ねぇ?

主役にこんなのやらせて、本当にいいのかしら?
っていうか、なんの意味があるのかしら?
むしろ、脚本家は何をしたいんだろう?


細かいことを言えば、あんまりな夫婦関係に耐え切れず、「離縁したいと姉に手紙を送った」と妻(江)から告げられた、その晩に火事ってさぁ。

「御都合主義」って言葉が出てくる前に、「火付け犯は秀忠・・・・?」って疑っちゃったよ。

こんな誤解のされかたって、流れをちゃんと考えてない証拠だと思うんだ。


秀忠役の人は、今作で初めて見た人なんですけど、どんどん「どうでもいい俳優」になっていってます。

キャリアに傷がつくって、こういうことを言うんじゃなかろうか・・・・。


来週は、どうやら江と秀忠の間に子供ができるみたいですな。

順番から言えば、千姫。

豊臣秀頼の元に嫁ぐことになる女の子です。

彼女が嫁ぐことで、豊臣家と徳川家の婚姻関係は強まり、戦乱を避ける道標となります。

もっとも、史実では時代の流れが戦乱を呼び、彼女も不幸になっていくわけですが・・・・。

変態的に未来を先読みしたり、「政治に利用するな!」とキレたりせずに、母親として娘の将来を見守ってもらいたいです。

でも、それすらも今年の主役には『ハードルが高い』と予想がつきます。本当に何なんだろうか(-"-;

今年の大河って、ホームドラマ路線を目指してるんでしょ?

今のところ、夫婦関係の描き方は、100点満点中11点くらいです。

もちろん落第点。都合3回も描けるのに・・・・です。

夫婦関係を満足に描けないのなら、あとは親子関係しかないんです。大丈夫ですかねー?

母親らしくない江を見ていると、それさえも不安になりますが・・・・。

« 一億人の娼婦・菩薩の如き女 | トップページ | ああ涙の球児の季節で・・・・ »

I -2:大河「江」感想」カテゴリの記事

コメント

初めまして

毎週、史上最安値を更新する「江」銘柄。昔、ブラック・マンディの暴落時に、パニクって「株価が無くなる!」とコメントした株式部長がおりましたが、ちょうどそんな感じですね。

お姫さまどころか、武家の娘の挙措さえ出来ない下流の大河。すでに整理ポスト入りですが、本当に何一つ取り柄がありませんね。公共放送ともあろうものが、役者のキャリアを破壊しつつ、日本人の歴史を汚す愚はこれで最後にして欲しいものです。

◇レッドバロンさん
いらっしゃいませー。ようこそここへ☆

先日、秀忠役の向井理サンがTBSの番組に出ておりましたが、「NHK大河」の「た」の字も出てきませんでした。

「龍馬伝」や「篤姫」の時は、そんなことなかったんですがね・・・・(「天地人」は、子役の「加藤“わしはこんなとこ来とうはなかった!”清史郎」クンばっかり目立っていて、他はあんまり印象がない)

今年の大河は、向井理サンに限らず、宮澤りえサンにも、水川あさみサンにも、芦田愛菜サンにも、終わったら出演者から「なかったことに」されそうな気がしております(-"-;

本当に、この惨状をNHKはどう総括するのか・・・・今年の興味は、そこがいちばんデカいかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1458188/41228230

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面夫婦と三重苦:

« 一億人の娼婦・菩薩の如き女 | トップページ | ああ涙の球児の季節で・・・・ »

カテゴリー

  • A-0:連絡帳
    Blog主、マーガリン男爵からの連絡事項などです。あんまりない予定。
  • A-1:日常
    いわゆる日記。ワタクシ日々の出来事の記録が結構苦手なので、更新は少な目かも。
  • A-2:旅と見学
    日記の非日常バージョン(?)。旅行記や旅の思い出、観に行ったライブ・博物館・美術館・資料館などの感想です。
  • B-1:時事ニュース
    政治・経済・文化・教養・社会のニュースに、ずばりと斬りかかります(斬れるかどうかは別のお話)
  • B-2:芸能ニュース
    芸能界・テレビ番組関連のニュースを、ずばりと斬りかかります(やっぱり斬れるかどうかは別のお話)
  • C:男爵語録
    いわゆる「戯言」をまとめた日記。まぁ、ここに限らず全部戯言なんですが。
  • D-1:日本史
    「歴史好き」なワタクシにとって、メインのネタ。本人は真面目にやってますが、マジで受け取らない程度の態度でお願いします・・・・。
  • D-2:中国史
    歴史ネタの中国史です。もしかしたら、朝鮮やアジアも入るかも?
  • D-3:世界史
    歴史ネタの世界史です。興味あるのはアメリカ史ですが、ヨーロッパや中東も機会があればやってみたいです。
  • F-1:雑学
    ワタクシの趣味である雑学ネタ。歴史以外の・・・・ということになりましょうかね。
  • F-2:県民性
    趣味の歴史と旅から飛び火した、「県民性」について語ります。なんとなく海外にまで派生してます。
  • G-1:テレビ
    テレビの感想です。ドラマも見ますが、カルチャー系とバラエティが多いかも・・・・?
  • G-3:映画
    映画の感想です。時代劇が多いのは、地じゃあないですよ(笑)
  • H-1:コラム・ランキング
    主にmixiやgooランキングから引っ張ってきたネタ日記です。
  • H-2:テーマ日記
    ブログネタから題材を引っ張ってきたものです。
  • H-3:mixiチェックまとめ
    mixiの「チェック機能」でマークした記事と、それについてのコメントをまとめたものです。
  • I -1:大河ドラマ
    大河ドラマ関連の予想・期待、情報整理などです。
  • I -2:大河「江」感想
    歴史好きが描く、2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の感想です。辛口批評を前提にして書いているわけではありません。念のため(笑)
  • I -3:大河ドラマ「平清盛」感想
    歴史好きが描く、2012年の大河ドラマ「平清盛」の感想です。平安時代は得意ではないので、どこまで斬り込めるか注目です(?)
  • J-1:「平安時代をやろう!」
    ワタクシの苦手な平安時代を、一念発起して綴ってみます。何故か「百人一首」ネタになりつつあります・・・・。
  • J-2:「姫たちの戦国外伝」
    大河ドラマ「江」に触発されて(または立腹して)綴った、戦国時代に関する雑談語りです。
  • K:備忘記録
    いわゆるメモ帳。あるいは温めるネタ。発酵するか腐敗するかは、自分次第・・・・。
  • L-1:バトン
    もらったり拾ったりしたバトンです。一種の自己紹介ですな。トラックバックも抜いていくのもウェルカム。
  • L-2:占い・性格診断
    Web上の占い・性格診断の結果です。一種の自己紹介であるとして公開します。
  • L-3:心理テスト
    それいけココロジー(何)
  • M-3:アニソン
    ワタクシの魂魄(たましい)、アニソンの歌詞です。