最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月20日 (日)

大切な想いの業

ちょい前に、

「人は、自分が大切だと思っていればいるほど、その人が傷つくようなことをする」

というのをテレビでやっておりまして、大変なショックを受けました。


大切だと思っている友人にこそ、平気でウソをつく。

大切だと思っている家族にこそ、キツイことを言う。

大切だと思っている師匠にこそ、礼儀を忘れる。


自分にも、大いに当てはまるなぁ・・・・と。


大切だと思っていればいるほど、その人を傷つけてしまう。

ハリネズミのジレンマ。

それを防ぐには、やはり「親しき中にも礼儀あり」なんでしょうね。

この言葉は、人がつい忘れがちな、大切な社会ルールを教えてくれているんだと思います。

ワタクシ的には「親しき中こそ礼儀あり」。

荘子風に言えば「君子の交わりは、淡きこと水の如し」


「人は、自分が大切だと思っていればいるほど、その人が傷つくようなことをする」

逆を言えば、

「人は、別に何とも思っていない人には、その人が傷つくようなことは言わない」

これもまた、なんだか深い真実。

どうでもいい人にこそ、丁寧な言葉遣いになるって、ものすごくよく分かります。

親しい人に丁寧な対応をされるのを「他人行儀」って言ったりしますもんね。

あれって、なんとなく「知らない人だから(=怒りのツボや沸点が分からないから)、とりあえず丁寧に応対している」んじゃなくて、「どうでもいいから、愛情の目で見ない」ってことだったんですな。

想像していたよりも、人の関心ってドライです・・・・。


そして、人を愛情の目で見ると、その人の欠点や直したほうがいいところが目につくわけで。

それが「傷つける」という言動になり、行き過ぎれば喧嘩になってしまいます。

「“喧嘩をするほど仲がいい”って言うけど、喧嘩しないに越したことはないじゃん」と常々思っていたんですが、しかし喧嘩になるほどの直球の言葉を投げかけるってことは、その人を大切に思っていることの裏づけと言えるわけです。

これも、分かるような気がします。



・・・・うーむ。


本当の愛情っていうのは、

「親しき中にも礼儀あり」なのか?

「喧嘩するほど仲がいい」なのか?


分からなくなってきた(-"-;



というわけで、今日はこちらのランキングから。


友達と絶交したきっかけランキング
http://news.goo.ne.jp/article/gooranking/life/gooranking-22372.html


ワタクシの場合は、疎遠になった(疎遠にされた)友人は多いけれど、絶交したのは1人だけ。

ここでも何度か書きましたが、ある日、突然電話がかかってきて、食事に誘われました。

で、行ってみたら知らない人と一緒にいて、用事は「宗教の勧誘」。

これで相手が説得上手だったらどうなったか分かりませんが、あまりにも説教がヘタクソだったので(笑)、そこで論争になってしまい、最悪ムードで食事会はお開き。

お店を出た所で友人と大喧嘩になり、それっきり絶縁状態になってしまいました。

続きを読む "大切な想いの業" »

2011年11月 3日 (木)

どうせなら納得したい

最近、テレビでやらない日はないというほど、TPPが政治の関心事になっています。

野田首相は、「交渉参加に向けて動き出す」という態度を示してますから、なし崩し的に「参加」へと流れていくんでしょうね・・・・。

で、「イヤだったら抜ければいい」って言ってますけど、それ本当にできるの?と疑問。

ひとたび参加してしまったら、撤退できないままずるずるとTPPの枠組みの中に取り込まれていくんじゃないのかねぇ・・・・。


ワタクシは経済や経済学が分からないし、世界の経済事情にも詳しくないし、条文ぜんぶに目を通すほど頭良くもないので、TPPに賛成か?反対か?は「とりあえず保留」というのが表向きの態度。

ただ、「TPPを推進することによるメリット」っていうのが、どうも分かりにくいような気がします。


関税を撤廃したらアメリカに物を安く売れるようになるから、これは貿易路線拡大のチャンス・・・・って言うけれど、だったら先に円高をなんとかするべきじゃないのかと。

それに、今でもそんなに関税は高くないって言うし。


「安い外国製品が買えるようになる」・・・・って言うけど、こっちも関税はそれほどじゃないんでしょう?

それに、そんなに欲しい外国ブランドの品物って、何かありますかね?

「ガラパゴスじゃない携帯電話やタッチパネルのなんたら」が欲しいんですか?

せいぜい「おコメが安く買えるようになるかも?」って程度になるんじゃないでしょうか。


「経済競争が激化することで、景気が刺激されて回復する」・・・・って言うけれど、だったら今頃は、戦後の高度成長期を「あれで高度成長?」って鼻で笑えるほど、好景気になっていると思う(笑)

つーか、むしろ「経済競争が激化」した結果が、いま世界中で日本が一番罹っている「デフレ・スパイラル」じゃないの?・・・・なんてツッコミも、入れたくなったりします。


「ブロック経済に置いてけぼりを食らう」・・・・とも言うけど、TPPは「新しい巨大市場」として注目される、中国・ブラジル・ロシア・インドなんかは参加しないのよね。

アメリカは、輸入なんか眼中になくて、輸出する気マンマン。

どこの市場から閉め出しを喰らうんだろうか。


それから、日本では「放射性物質ウンヌン」で福島近辺の農作物・工業製品が、いらぬ風評被害をこうむって避けられているわけで・・・・。

こんな風土を考慮すれば、安全基準が緩和されるうえに「遺伝子組み換え」とか「原産国」とかを表示しない輸入商品にも、「外国産は全部危険!」っていう十派一絡げな風評が巻き起こるのは、想像に難くない(笑)

それで、一体何がどれくらい売れるんだろう。それで、誰が得をするんだろう。


一方、デメリットの方は、分かりやすいような気がします。


中でも、自分たちに直接関係しそうな「食品や医療の安全基準・衛生基準が下げられる危険性」が、一番おっかない。

民主党は、先の原発事故でやらかしていた「ただちに影響はない」だの「政府が責任を持って注意深く監視していく」だのと、同じような弁明で、この条件を呑んでしまいそうな気がします。

それを後押しするのは、経団連。

ワタクシは経団連はハナから信用してないので、彼らが推進にまわっている時点で、TPPは、もう胡散臭さ満点・・・・。

彼らが賛成しているのは「輸出で景気回復」よりも「規制緩和・安全基準緩和」のほうを狙ってるんじゃないの?なんて邪推していたりします。

人の命より、自分らの稼ぎの方が大事って考えてそうだもん。


自民党の河野サンは「TPPは日本が変わるチャンス」っておっしゃってますけど、「変わる」が「よくなる」とイコールじゃないってことは、先の政権交代で経験済み(笑)



・・・・とまぁ、持っている情報が貧相なせいか、こんなかんじで考えれば考えるほどTPP参加のメリットを感じないのです。


どうせ参加を避けられないのなら、ちょっとでも納得した状態でその時を迎えたいもの。

抽象的なメリットはちらほら聞きますけど、具体的なメリットって、どんなものがあるんでしょうかねぇ・・・・。

(「往くも地獄、退くも地獄」なら、メリットよりもデメリットを聞いた方がいいのかもしれませんが。参加する場合、しない場合のデメリット。これはこれで、様子が変わりそうだな・・・・)




無知・無学を承知で、あえてメリットを見出すならば。

続きを読む "どうせなら納得したい" »

2011年11月 2日 (水)

キャラを大事にしないドラマ

大河ドラマ「江」、第39話~41話、見てます。


今週はまだ見てないので、土曜日の再放送で見るつもり。

「大坂冬の陣」ですから、見ないわけには行くまい。

まぁ、見ても「ご満悦」になれそうもない、そんな予感はあるんですけどね・・・・。


----------------------------------

第39話「運命の対面」

江戸では、二代将軍・徳川秀忠が誕生。

駿府の大御所・徳川家康との二元政治が始まります。

そんな最中の慶長16年、徳川家康と豊臣秀頼が、京都・二条城で対面を果たすことに。

この時、徳川家康71歳、秀頼19歳。

秀頼の若さと、自分の老い。家康は、自分に残された時間が長くないことに焦りを感じるのでした・・・・。

----------------------------------

よく知られた、家康と秀頼の二条城での対面シーン。

なので、秀頼が成長して、大人の俳優サンにバトンタッチ。

見た感じは・・・・悪くはないけど、秀頼より武田勝頼のほうが似合いそうな・・・・?

でも、家康との対面シーンは、台詞も演出も雰囲気も良かったです。

秀頼カッコイイ!

なんで、この調子をずーっと引っ張れないんだろう。

頼むから、秀頼が「キャラ急変」するのはやめて。このままでGO!で是非。


もちろん、嫁の千姫も成長してるわけで、今回は登場しませんでしたが、次回あの人気子役からバトンタッチ。

あの子が再登板という話題の割には、これといった見せ場もなかったような気がする。

本当に、何のために出てきたんだろう・・・・。


そうそう、大坂城にいる秀頼に対し、家康から再三上洛の要請が届いていることに、淀殿が立腹して、

「上洛を強いるのなら、秀頼を殺して、この私も死んでやる!」

と言い放つシーンがありました。

これって・・・・

かの人気子役が茶々の子供時代をやってた頃、

『江を妊娠したのを「堕ろす」と母・お市が言い出したのに対して、妹にナイフを突きつけて「生んでくれなかったら、初を殺して私も死ぬ!」と抗議する』

というシーンがあったのと、そっくりだ。

NHKサン的には名場面に数えたいんでしょうけど、ワタクシは「やり過ぎだ」と斬り捨てているんで、「淀殿はあの頃と変わってない(成長してない)」って演出なのかな、って思いましたよ・・・・。

■ぶちまけられた小豆(再掲)
http://baron-baron.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-f5d8.html


ちなみに、夫が将軍に就任したことで、自分の身分も「御台所」になった主人公・江も、「御台所のぉ・・・・」と、感慨も喜びも覚悟もないような、うわのそらな台詞を喋ってました。

この女も変わらないね・・・・。「上に立つ者の自覚」が、いつまで経っても育たない。

一人で勝手に暴走して、馬の世話係があやうく切腹になりかけた、一乗谷のあの頃と変わってないわ。


ちなみに、時代の方はどんどん変わってくれました。

秀忠の将軍就任(1605年)からスタートして、

次男・国千代(後の松平忠長)誕生(1606年)

秀頼の子・国松誕生(1608年)

初の夫・京極高次死去(1609年)

そして、家康と秀頼の二条城会見(1611年)


今まで、さんざんクダラナイことで時間潰してきて、今回いきなり6年間をジェットコースターみたいに飛ばす。

時間配分が狂ってる、としか思えないよなぁ・・・・。


つーか、もう結城秀康(偽あやや)死んでるんだけども?(1607年)

あれだけ引き立てるフリしてコケにして、最期は名前も出さないなんて、なんて薄情な!!

ホンマに、キャラを大事にしない脚本家だわ。


----------------------------------

第40話「親の心」

秀忠の長男・竹千代と次男・国松との間で、後継者争い(のチビたヤツ)が勃発。

家康と秀忠は、まだ心に隔たりがあり、しっくりと来ていません。

親子三代に渡って問題を抱える、大河ドラマ史上前代未聞の徳川家(苦笑)

大姥局が病に倒れてしまったり、家康と秀忠が酒を酌み交わしたりしますが、全てにおいて何の進展もなくオシマイ。

----------------------------------

続きを読む "キャラを大事にしないドラマ" »

2011年11月 1日 (火)

がっきろん

「音楽バンド」って、どういう構成が“普通”なのかよく存じませんが、ざっと思いつくのは、


・ボーカル
・リードギター
・ベースギター
・キーボード
・ドラム


・・・・ってあたり。


で、この中で「いちばん素質が重要なポジション」って、どれなんだろうか?


人の声が千差万別であるように、歌声は千差万別。

歌声は、体格、口の形、歯型、声帯、肺活量・・・・それらの、「努力とはあまり関係ない部分(ある意味「素質」)」が、大きく影響してきます。

さらに、歌い手のセンスとメンタルとモチベーションによる、表現力の違いが如実に顕れるパフォーマンスでもあると思います。

そして、歌唱力における「センスとメンタルとモチベーション」って、“素質がない人”は“素質がある人”には追いつけない、そんな分野であるという感じがするのです。


一方、楽器を演奏するのって、センスやメンタルやモチベーションが、あんまり関係がないように思ってしまいます。

もちろん全く関係ないとまでは言わないけど、素質がない人でも努力すれば素質がある人には十分追いつけるような、「素質が必要」のあたりでは「歌声を作る」ほどではないのでは・・・と。

こういう表現が適切かどうか分かりませんが、「歌唱は芸術で、楽器演奏は技術」っていう感じがするんですよね・・・・。

芸術は、センス。どんなに努力しても凡人は才人に敵わない。
技術は、テクニック。凡人でも、努力次第では才人に追いつける。

なので、バンドの役割の中で、いちばん素質が重要な役割は「ボーカル」。

っていうのが、ワタクシの漠然とした印象でした。


だけどね・・・・。


先日誘われて、久々にカラオケに行ってきたんですが。

カラオケで流れる曲、特にギターの部分で、「なにそれ?それでマネてるつもり?」ってな感じの演奏部分が、結構あったりするんです。


ワタクシ、バンドスタイルのミュージシャンのものを選曲することが多いせいか、前々から感じていた(気が付いていた?)んで、今回は特に気にして聞いてみたんですが、そうしたら結構ひっかかりました。

まぁ、大体は普通ではあるんですが。

ただ、連打とかチョーキングとかアーミングとかの(おそらくは)テクニカルな部分になると、聞きなれている音とのあまりの落差に、思わず「しょぼ!」と叫びそうになってしまうんです。


最近のカラオケで奏でられる曲っていうのは、楽器演奏を録音したものではなくて、midiと呼ばれるプログラムに従って、カラオケの機械が音を作成しているんだそうな。

となれば、「機械の音じゃあ、生身の人間が作った音には敵わないに決まってるわさ」となりそうなところ。

ですが、選曲リストに「生音」「良音」などと書かれているものは、プログラムではなくて、生演奏を録音したものを用いているみたい。

同じ曲で「生音」「良音」があれば、ワタクシはそっちを選択するんですが、それでも「しょぼ!」と思ってしまうのです。


で、カラオケには「ガイドボーカル」という機能があります。

オンにすると、カラオケの曲と一緒に歌声が流れてアシストしてくれるというもの。

これ、ワタクシずっと本人の声かと思っていたんですが、実は応募した一般人の中から選ばれているらしいのです。

え、これ一般人ですか・・・・?ってくらいソックリ。というか上手。


かたや、それなりのプロが奏でていても、オリジナルとのギャップを埋められない「生音」「良音」。

かたや、一般応募なのに、オリジナルに近い歌声と歌唱力を発揮している「ガイドボーカル」。


もしかしたら、これって「“楽器演奏”は“歌う”よりも素質が重要」という証左なのではなかろうか・・・・??


ふと、そんなことを考えてしまいました・・・・という日記なのでしたw


ちなみに、一番「素質が重要ではなさそう」なのは「ドラムかなぁ・・・・」っていう印象があるんですけど、これも覆る余地があるんだろうか。

カラオケでは、あんまり違和感を覚えないんだけども、リズム感ないと無理だしねぇ。



まぁ、「歌を歌う」ってのは、言ってみれば子供の頃から誰でもできる行為なわけで。

楽器演奏は、そういうわけにはいきません。

楽器を持ってなければいけないし、楽器をやろうという意思がなければいけないし、そこそこの年齢に達しないと、操作するどころか、持つことさえできません。

楽器よりも歌の方が裾野が広い。だから頂上も高く、中間にいる人のレベルも高い。

そういうことなのかもしれませんがね・・・・。


何にせよ、ワタクシは楽器が一切演奏できないので、楽器が演奏できる人はすげーなって思うし、尊敬します。歌がうまい人も然りです。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

カテゴリー

  • A-0:連絡帳
    Blog主、マーガリン男爵からの連絡事項などです。あんまりない予定。
  • A-1:日常
    いわゆる日記。ワタクシ日々の出来事の記録が結構苦手なので、更新は少な目かも。
  • A-2:旅と見学
    日記の非日常バージョン(?)。旅行記や旅の思い出、観に行ったライブ・博物館・美術館・資料館などの感想です。
  • B-1:時事ニュース
    政治・経済・文化・教養・社会のニュースに、ずばりと斬りかかります(斬れるかどうかは別のお話)
  • B-2:芸能ニュース
    芸能界・テレビ番組関連のニュースを、ずばりと斬りかかります(やっぱり斬れるかどうかは別のお話)
  • C:男爵語録
    いわゆる「戯言」をまとめた日記。まぁ、ここに限らず全部戯言なんですが。
  • D-1:日本史
    「歴史好き」なワタクシにとって、メインのネタ。本人は真面目にやってますが、マジで受け取らない程度の態度でお願いします・・・・。
  • D-2:中国史
    歴史ネタの中国史です。もしかしたら、朝鮮やアジアも入るかも?
  • D-3:世界史
    歴史ネタの世界史です。興味あるのはアメリカ史ですが、ヨーロッパや中東も機会があればやってみたいです。
  • F-1:雑学
    ワタクシの趣味である雑学ネタ。歴史以外の・・・・ということになりましょうかね。
  • F-2:県民性
    趣味の歴史と旅から飛び火した、「県民性」について語ります。なんとなく海外にまで派生してます。
  • G-1:テレビ
    テレビの感想です。ドラマも見ますが、カルチャー系とバラエティが多いかも・・・・?
  • G-3:映画
    映画の感想です。時代劇が多いのは、地じゃあないですよ(笑)
  • H-1:コラム・ランキング
    主にmixiやgooランキングから引っ張ってきたネタ日記です。
  • H-2:テーマ日記
    ブログネタから題材を引っ張ってきたものです。
  • H-3:mixiチェックまとめ
    mixiの「チェック機能」でマークした記事と、それについてのコメントをまとめたものです。
  • I -1:大河ドラマ
    大河ドラマ関連の予想・期待、情報整理などです。
  • I -2:大河「江」感想
    歴史好きが描く、2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の感想です。辛口批評を前提にして書いているわけではありません。念のため(笑)
  • I -3:大河ドラマ「平清盛」感想
    歴史好きが描く、2012年の大河ドラマ「平清盛」の感想です。平安時代は得意ではないので、どこまで斬り込めるか注目です(?)
  • J-1:「平安時代をやろう!」
    ワタクシの苦手な平安時代を、一念発起して綴ってみます。何故か「百人一首」ネタになりつつあります・・・・。
  • J-2:「姫たちの戦国外伝」
    大河ドラマ「江」に触発されて(または立腹して)綴った、戦国時代に関する雑談語りです。
  • K:備忘記録
    いわゆるメモ帳。あるいは温めるネタ。発酵するか腐敗するかは、自分次第・・・・。
  • L-1:バトン
    もらったり拾ったりしたバトンです。一種の自己紹介ですな。トラックバックも抜いていくのもウェルカム。
  • L-2:占い・性格診断
    Web上の占い・性格診断の結果です。一種の自己紹介であるとして公開します。
  • L-3:心理テスト
    それいけココロジー(何)
  • M-3:アニソン
    ワタクシの魂魄(たましい)、アニソンの歌詞です。